幼児英語で将来は英語ペラペラに!たのしく学習が成功の秘訣です!

2013年05月24日

幼児英語で早い段階からバイリンガルを目指す!

最近はテレビでもよく見かけ、めずらしくもない
英語と日本語のバイリンガル


海外経験者やインターナショナルスクールに行っている子供たちがそうですが、
中には日本国内で
インターナショナルスクールではなくてもバイリンガル
子どももちらほら見かけます。


子どもをバイリンガルに育てるには、
まずはまだ就学前の小さな子供用の幼児英語から
英語に接する機会の中で育てるのがいちばん。


バイリンガルと言われるには
まず発音がカンペキであることが大前提。

英語を大人になって英語を話し始めて苦労するのは
ほとんどの場合が発音です。


大きくなると単語は勉強すれば覚えられるけれど、
舌やのどを使うネイティブな発音は日本語が出来上がってから練習しても
相当努力して連日発音の練習をしなければ発音は身につきません。

ネイティブな身の発音を身に着けるには
幼少のころから体で覚えるのがいちばんなのです。



日本人の大人は英語の発音がほんとに下手といわれますが、
それは日本人がとっても恥ずかしがりやさんだから。


英語を話すことが楽しい!と思える環境で
幼児のころから毎日ネイティブと英会話をしていけば
自然と英語が身についていくでしょう。



もちろんパパやママの参加は不可欠。
子どもが国内で暮らしているのですから
クラスに通っているからといってバイリンガルにはなりません。

親もいっしょになって本物の発音をがんばってみたり、
英語のテレビや映画を字幕なしでみたり、
そういう努力の積み重ねをすることが、
将来、子どもの就職のための武器になるバイリンガルへの近道です。







posted by happy mom at 00:52| Comment(0) | 幼児英語 バイリンガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。